レイコップの開発者は

世界中でバカ売れしている布団専用掃除機のレイコップの開発者はどのような方かご存知ですか。レイコップを開発した方は、リ・ソンジンという韓国人の方です。リ・ソンジンさんは、レイコップを発表する前は、元々内科医として働いていました。

その内科医時代にアレルギーの患者さんが急増している事がとても気になって、アレルギーの中でも、最も多いハウスダストが発生しやすい布団をなんとか綺麗にしようと開発したのがレイコップという布団専用クリーナーです。布団は一日の四分の一以上を過ごしている場所ですので、その部分にハウスダストがあると、抵抗力の少ない小さい子供は、アレルギーの症状を発症してしまいます。

子供はしっかり眠る事ができないと、しっかり成長する事ができませんので、アレルギーをお持ちの方はレイコップが手放せないと思います。

レイコップ・ジャパン株式会社
http://www.raycop.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 航空会社にとって安全性と保安は重要ですが、顧客満足度を向上させることは、企業間競争という観点から大変…
  2. 前回の記事2のおさらいを簡単にしておきます。産業革命から起こっている電気使用量の増加に伴い、発電の中…
  3. 近年様々な雇用形態がありますが、悪質な雇用をしている会社は数限りないでしょう。正社員ではなく派遣社員…
ページ上部へ戻る